外装だけじゃない。内装も査定額に影響あり

車買取査定を行って貰う際に一番きになるのは車の外装ではない
でしょうか。
小傷や、ドアを開ける時にぶつけた跡、洗車の時にできた磨き傷など
外装の傷は気になるものだと思います。

そんな風に、外装ばかりが気になってしまって内装はあまり気にしない
という方が多いのではないでしょうか。

確かに、中古車業者は中古車を販売する際に内装はクリーニングを行いますので
大抵の汚れは落ちてしまいます。そういう意味では内装の汚れに関しては
あまり気にする必要はありません。

しかし、ペットの臭いやタバコの臭いについては、査定ダウンの原因となって
しまうということです。自分にとっては大切で可愛いペットの臭いも、
他の人にとってはとても気になると言うことです。
タバコについては、タバコの臭いもそうなのですがタバコによるシートや内装を
こがした場合にも減額の原因となります。
ウイングロード 買取

臭いだけじゃない内装の減額理由

また、カーナビやレーダーなどを取り付け金具を止める為にあけたネジ穴なども
減額の原因となります。
それに、業者間でよく言われるのは運転席ドアの蹴り傷です。
運転席のドアに靴の跡が付いている車は運転者が乱暴であることを示していると
言われています。

車に後付けのパーツを付ける時には、買取の為にできるだけ跡が残らないような
方法を考えましょう。